相続用語解説

単純承認

単純承認とは、相続人が相続財産の全てを無制限・無条件に相続することです。単純承認するための手続きは不要で、①相続人が相続の開始をあったことを知った日から3ヶ月経ったとき、②限定承認、相続放棄を選択した後に、相続財産の全部又は一部を秘匿、消費し、またはわざと限定承認の際に提出する財産目録に記載しなかった場合、には当然に単純承認したものとされます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら