相続用語解説

同時死亡の推定

同時死亡の推定とは、例えば父と息子が同じ飛行機に搭乗していて墜落事故により死亡した場合に、どちらが先に死亡したのかを判別するのは困難となるので、民法上同時に死亡したものとみなす制度のことをいいます。同時に死亡したと推定されると両人の間には相続は生じません。したがって、息子にさらに子供がいる場合には、父の相続に関しては代襲相続が生じることとなります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら