相続用語解説

特定遺贈

特定遺贈とは、特定の土地とか、一定額の金銭などのように物や金額が確定している物を遺贈することです。財産が特定・独立のものである限り直ちに権利移転するものとされています。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら