相続用語解説

特別縁故者

特別縁故者とは、被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者、その他被相続人と特別の縁故があった者のことです。具体的には、内縁の妻や事実上の養子、療養看護に努めた看護婦などが挙げられます。また、特別縁故者は個人だけではなく、法人でもよいとされています。特別縁故者へ財産を分与するためには家庭裁判所への申立が必要で、家庭裁判所が職権で、特別縁故者に財産分与するかしないかを決定します。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら