相続用語解説

特別受益

特別受益とは、相続人が生前に被相続人から、婚姻又は養子縁組のために受けた贈与や、生計資金として受けた贈与など、特別な財産を前渡として受け取っていたことをいいます。特別受益を受けた人は相続分の取り分をすでに受け取っているものとみなされるので、他の相続人との取り分と公平になるよう取り分を調整されることとなります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら