相続用語解説

特別代理人

特別代理人とは、共同相続人の中に親権者と未成年者の子がいる場合、親権者と子の利益が相反するので、未成年者の子のために家庭裁判所が選任する代理人のことをいいます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら